/

この記事は会員限定です

淡路島で「雇用創造」10年超 パソナ、本社機能を移転

[有料会員限定]

パソナグループが東京都千代田区に置く本社機能の一部を、9月から段階的に兵庫県の淡路島に移す。南部靖之代表ら主要幹部をはじめ、経営企画や人事、広報など管理部門の約1800人のうち3分の2を対象とする。新型コロナウイルス禍を経て、働き方改革を加速させる狙いだ。なぜ淡路島なのか。背景には10年超に及ぶ島での雇用創出事業がある。

人材派遣を手がけるパソナと淡路島との関係は2008年にさかのぼる。「雇用創造」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1079文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン