[FT]公的債務急増に臆するな
優先すべきは経済の再生

FT
2020/9/2 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国家の債務に関する演説は退屈極まりないものばかりだが、「スタインの法則」として知られる「永久に続かないなら、それはいずれ終わる」という寸言は言い得て妙だ。

もともとはニクソン政権下で大統領経済諮問委員会(CEA)の委員長を務めた経済学者のハーバート・スタインが1976年、当時の米国際収支の悪化について語った言葉だが、彼は10年後に議会に招かれた際も全く同じ言い回しで、連邦債務の際限なき膨張はあり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]