/

この記事は会員限定です

コロナ高の自社株売り 「相場天井」市場は不安視

証券部 和田大蔵

[有料会員限定]

コロナショックから株式相場が急回復する裏側で、企業経営者が自ら保有する自社株を売却する例が増えている。経営者の株売りは特にコロナ下の新常態への期待から高値圏にあった銘柄で顕著だ。「究極のインサイダー」である経営者による売りは相場の先高観が薄れたと捉えられかねない。楽観が漂う市場の新たな不安材料となっている。

米ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)が2420万ドル、米アマゾンのジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン