/

岐阜県が非常事態宣言解除 知事「警戒継続を」

岐阜県の古田肇知事は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた独自の非常事態宣言を解除すると発表した。7~8月の「第2波」で生じた15のクラスター(感染者集団)が収束したことなどが理由だ。

ただ古田知事は「経験を教訓に警戒を継続してほしい」と強調。感染リスクの高い場所を回避するといった総合対策を新たに公表し、次の感染拡大に備えるよう県民に呼び掛けた。

また同日、一般会計を66億円増額する2020年度9月補正予算案を発表した。新型コロナ対策として医療機関の支援や雇用維持などに充てる。17日の県議会に提出する予定だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン