/

この記事は会員限定です

豊田通商、「100万円車」でアフリカ攻勢 独韓勢に挑む

[有料会員限定]

豊田通商がアフリカに1万ドル(約100万円)強の小型車を投入し、中間層の開拓に力を入れている。トヨタ自動車スズキからOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受ける小型車を9月中旬からアフリカで販売する。これまで2万~3万ドル台だった品ぞろえを見直し、アフリカで存在感のある独フォルクスワーゲン(VW)などに対抗する。

豊田通商は1日、トヨタからトヨタ車の営業を移管されているアフリカで、小型車「トヨタ・スターレット」を販売す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り787文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン