福井県立大の恐竜学研究所長に西氏就任

2020/9/1 17:39
保存
共有
印刷
その他

福井県立大学の恐竜学研究所長に1日、東北大学学術資源研究公開センター長の西弘嗣教授が就任した。進士五十八・前所長(同大学長兼務)の後任で、4代目となる。西氏は「コンピューター断層撮影装置や3Dなどの新手法を取りいれ、新しい恐竜学を発展させたい」と抱負を述べた。

西氏は「新技術で恐竜学を発展させる」と述べた(1日、福井県永平寺町の福井県立大学)

西氏の専門は層位・古生物学で、海洋堆積物を分析して古代からの地球環境の変化を研究してきた。地質学にも通じており、知見を恐竜学に活用できるという。また、地滑りや活断層といった福井の地質研究では、理学分野を持つ金沢大学や富山大学と協力したいとの考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]