/

この記事は会員限定です

旧陸軍墓地、保全に課題 専門家「文化財指定を」

[有料会員限定]

太平洋戦争などで犠牲になった旧陸軍の兵士らが眠る国所有の「旧陸軍墓地」。全国に44カ所あり近年は耐震不足が判明する施設もあるが、国の予算の制約などで補修が進まないケースがある。管理する遺族会などの高齢化も課題だ。専門家からは「戦争の実態を伝える重要な遺構。文化財として保存すべきだ」との声も上がっている。(堀越正喜、川野耀佑)

大阪府和泉市の黒鳥山公園の高台にある信太山忠霊塔(旧信太山陸軍墓地)。高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1663文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン