/

この記事は会員限定です

JMC、鋳造事業を拡大 新工場で機械加工を内製化

[有料会員限定]

3Dプリンター出力や鋳造などを手掛けるJMCは鋳造事業を拡大する。浜松市に新設した工場で2021年にかけて生産設備を増備するなどして、大半を外注していた機械加工を内製化する。新型コロナウイルスに伴い減少した自動車関連などの需要が徐々に回復するとみて、効率的な生産体制を整える。

2月に稼働した新工場の「ミーリングセンター」(浜松市)にマシニングセンターなどの加工機を増設する。エンジンの試作品などを鋳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り804文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン