/

この記事は会員限定です

三菱重工、シンガポール社と水素発電で提携

[有料会員限定]

三菱重工業はシンガポールの政府系企業と提携し、同国で水素を燃料にした電力の供給システムを整備する。天然ガスに水素を混ぜる次世代のガスタービンで発電し、データセンター向けに供給する。発電設備から出る水でデータセンターの設備などを冷却し、エネルギーを効率的に使って環境負荷を抑える。

三菱重工の現地法人とシンガポールの政府系複合企業、ケッペル・コーポレーション傘下の事業会社がこのほど提携した。同国の大規模なデータ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り488文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン