/

シャープ戴CEO、健康や教育など8分野で成長方針

戴正呉会長(台北市内)

シャープの戴正呉会長兼最高経営責任者(CEO)は1日、「スマートホーム」や「ヘルス」など8分野を強化する方針を表明した。2016年に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下に入り、事業変革を推進してきた。今後は「エデュケーション(教育)」や「セキュリティ」などの分野への取り組みも強化し、事業ビジョンの具体化を目指す。

創業108年を迎える9月15日を前に、戴氏が公表した。ほかに「エンターテインメント」や「スマートオフィス」、「インダストリー(産業)」、「オートモーティブ」を重点領域とした。戴氏は「健康や医療、介護の分野における取り組みをより重点的に展開していく」とした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン