/

岸田氏、自民党総裁選出馬を正式表明

派閥の会合で総裁選出馬を表明する岸田政調会長(1日、東京都千代田区)

自民党の岸田文雄政調会長は1日午後、都内で開いた岸田派の会合で、安倍晋三首相(党総裁)の後継を選ぶ党総裁選に出馬すると正式に表明した。「総裁選に正式に立候補することを表明する。浅学非才の身ではあるが、全力をかけて取り組む所存だ」と述べた。岸田氏の総裁選出馬は初めて。

岸田氏は「新型コロナウイルスで経済、社会、国際社会の分断が深まりつつある」と指摘し「分断から協調へ」の転換を主張した。「未来に向けて変えるべきものは変える徹底した現実主義に基づく保守本流の政治を目指す」とも強調した。

岸田氏は衆院広島1区選出で当選9回。首相とは当選同期で2012年の第2次安倍政権発足以降、外相や政調会長を務めてきた。新型コロナウイルス対策で家賃支援給付金の創設など経済政策に取り組んだ。党内第4派閥の岸田派を率いる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン