新潟・上越の越後薬草、ハーブ原料に蒸留酒製造
信越企業 攻めの一手

2020/9/1 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

野草(ハーブ)を原料とした酵素飲料や健康食品を手掛ける越後薬草(新潟県上越市)がスピリッツ(蒸留酒)の製造販売に乗り出した。植物発酵エキスの製造過程で生じるアルコールを有効活用。情報発信を含めたマーケティングを工夫し、世界市場も視野に入れる。

2月に発売したスピリッツは2種類。一つはアルコール度数41度の「80SPIRITS(ヤソスピリッツ)」(700ミリリットル入り4800円、税別)で、ヨモギ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]