静岡県、水道管更新に新手法 撤去せず、コスト削減

2020/9/1 19:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡県は水道管の更新に新手法を導入する。膨大なコストがかかる既存管の撤去を不要にする方法に切り替える。県内の水道管は全国でも早い時期に整備を進め、老朽化が課題になっている。人口減少で収入の伸びが期待できないなか、更新にかかる費用を減らす。

水道管の更新はこれまで古い水道管を地中から掘り出し、新しい管に切り替えてきた。しかし、撤去費用だけで、更新が本格化する今後60年で750億円もの経費がかかると…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]