ユニ・チャーム、アジアにマスク輸出 月2000万枚規模

2020/9/1 13:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ユニ・チャームは2021年からアジア向けにマスクの輸出を始める。タイやインドなどに合計月2千万枚を供給する。新型コロナウイルスの感染拡大で品薄が続いていたが、足元の国内供給量は月10億枚と不足感は薄れつつある。世界のマスク含む繊維製品の輸入は4割強を中国産が占めるが、中国依存からの脱却が進む可能性がある。

ユニ・チャームは「超快適」「超立体」といった高価格帯の家庭用不織布マスクを輸出する。新型コ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]