/

この記事は会員限定です

25年万博、「バーチャル大阪館」検討 府・市パビリオン

[有料会員限定]

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)で大阪府・市が出展するパビリオンについて、世界中から遠隔参加できる「バーチャル大阪館(仮称)」を万博開幕に先立って立ち上げる方向で検討していることが1日、分かった。バーチャル空間に企業などが出展し、人気があった企画を実際のパビリオンで展示するなどの活用を想定している。

府・市は、同館を盛り込んだパビリオンの基本構想案を8日の有識者会議でたたき台として提示し、検...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り580文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン