/

この記事は会員限定です

Appleとテスラ、分割だけじゃない株高要因

米州総局次長 田口良成

(更新) [有料会員限定]

巨大IT(情報技術)など一握りの銘柄が米株市場をけん引している。31日の主役は株式分割後に取引されたアップルとテスラだった。反落したダウ工業株30種平均を尻目に、両社株は大きく上げた。背景には強気なオプション取引が控えている。

1株の分割幅はアップルが4株、テスラは5株だ。「ピザをより細かくスライスしても、ピザ全体の大きさは変わらない」。ネット証券のロビンフッドは8月半ばに送った顧客向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1079文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン