/

「インド再び実効線越え」中国軍が非難、係争地巡り

(更新)

【北京=羽田野主】中国人民解放軍でインド方面を担当する西部戦区の報道官は31日、中印の係争地域がある北部ラダック地方を巡りインド軍を非難する談話を出した。「再び違法に実効支配線を越え、公然と挑発した」と主張した。

西部戦区の報道官によると、31日に両国の主張する実効支配線がある湖パンゴン・ツォの南岸でインド軍が実効支配線を越えたという。報道官は「強烈な反対」を表明したうえで「中国の軍隊は必要な対抗措置をとっている」と強調し、インドに撤退を求めた。

一方でインド軍も31日、北部ラダック地方で29日夜から30日未明にかけ、中国軍による「現状を変えようとする挑発的な動き」を阻止したと発表した。インド軍は自陣を固める措置を取ったとしているが、具体的な状況には触れていない。

中国外務省の趙立堅副報道局長は31日の記者会見でインド側の指摘に関して「中国の国境警備部隊は実効支配線を厳格に順守しており、越える動きを一度もしたことはない」と主張した。両者の言い分が食い違い、非難の応酬になっている。

両軍の発表をみると、現時点で衝突や死傷者の有無には触れておらず、小競り合いだけだった可能性もある。現地では現場指揮官らによる話し合いを続けている。

中印両軍は5月初めから湖周辺など数カ所でにらみ合いを続けている。6月に衝突が起きて中印ともに死傷者を出した。両国は緊張を緩和する措置を取ることで合意した。その後、軍や外務当局者の協議を重ねているが、部隊の撤退には至っていない。両国は62年に国境紛争を起こした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン