/

竹箸の新商品、ママ社員がデザイン 熊本のヤマチク

竹製の箸を製造・販売するヤマチク(熊本県南関町)は手で持つ部分をらせん状に加工するなどで、小学校低学年の子どもから大人まで使いやすくした箸を同社のオンラインショップで販売している。デザインしたのは子育て中の同社女性社員で、家族でそろいの箸を使えるようにと考案した。8月下旬の発売から間もないが、注文が相次いでいるという。

「きずな箸」をデザインしたヤマチクの右田さん(左)と渡辺さん(熊本県南関町)

「きずな箸」と名付けた商品は、同社が6月に初めて実施した社員によるデザインコンテストで最優秀賞を獲得した。デザインしたのはいずれも子育て中の右田真里さんと渡辺望さんの2人。長さも家族で使うことを想定し、18、21、23センチメートルの3種類を用意した。価格は18センチが880円で、残りは990円とした。

8月上旬に熊本市内の物産展で試験販売したところ、来店者のほとんどがきずな箸を手に取ったという。渡辺さんは「家族で食卓を囲む温かい雰囲気を表現したかった」と話している。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン