/

この記事は会員限定です

アベノミクスと関西経済 識者に聞く評価と課題

[有料会員限定]

安倍晋三首相の政策の代名詞のひとつだった「アベノミクス」。巨額の財政出動と日銀による異次元の金融緩和で、円安・株高を導いた。一方で成長戦略は不十分だったとの指摘が多い。関西経済にはどう響いたのか、識者に聞いた。(聞き手は高崎雄太郎)

訪日客増、消費支える

荒木秀之・りそな総合研究所主席研究員

――安倍政権下の関西をどう振り返りますか。

「数十年見られなかったいい状態だった。異次元の金融緩和による円安で輸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1241文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン