「石炭火力のサービス比率8割に」三菱パワー河相社長

2020/9/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱重工業と日立製作所が共同出資する火力発電設備会社、三菱日立パワーシステムズ(横浜市)は9月1日付で三菱重工業の完全子会社となり、社名を三菱パワーに変更した。河相健社長は日本経済新聞の取材に応じ「石炭火力発電設備の保守などのサービスの売上高に占める比率を、現在の4割から8割に高める」と話した。世界的に石炭火力発電所の新設が減る中、サービス事業を収益の柱に据える。

経済産業省が2030年度までに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]