米中対立下の難局外交 日米に隙あれば安保に懸念
次期首相に問う(下)

菅内閣発足
2020/9/1 1:00 (2020/9/1 5:24更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「最も親しい友人である安倍首相の辞任を寂しく思う。日米関係はかつてなく良好だ」。トランプ米大統領は8月31日、安倍晋三首相と電話して伝えた。米国側から機会を求めていたもので、トランプ氏が首相を慰労する目的だった。

首相は「世界のリーダーで最もトランプ氏が信頼する」といわれる。周辺は「国際会議でトランプ氏や他国首脳に意見を求められる機会も多かった」と話す。

9月下旬以降、最近の日本外交にあったこう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]