イオン九州・マックスバリュ九州合併、地域密着を加速
誕生 新生イオン九州

2020/8/31 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総合スーパーのイオン九州と食品スーパーのマックスバリュ九州などが9月1日合併し、売上高4500億円規模の新生「イオン九州」が誕生する。主に食品部門の強化を通じた生産性向上が狙いだが、苦戦が続く他の売り場やデジタル対応など課題は残る。インターネット通販など異業種との競争が激化する中、どのように勝ち残り戦略を描くのか――。合併への取り組みを追った。

統合は2018年10月に発表した。当初は持ち株会社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]