/

この記事は会員限定です

[社説]企業のリスク情報を信頼向上に生かせ

[有料会員限定]

企業にとって将来的に損失が出るおそれはどこにあり、外部の会計監査で特に注意を払った項目は何か。企業の監査基準が改定され、2021年3月期から詳しいリスク情報の開示が始まる。

東芝などの監査では決算内容は適正とお墨付きを得ていたのに、不正が発覚する例が相次いだ。監査が不透明だとの批判から、監査の過程を透明にするのが今回の改定の狙いだ。リスクの「見える化」で企業と監査法人との緊張感を高め、不正抑止につなげ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り735文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン