/

勤怠管理端末に体温測定機能 セイコーソリューションズ

セイコーソリューションズは出勤の打刻と同時に体温の測定・記録が可能な勤怠管理用の端末を9月7日に発売する。壁に設置し、ICカードにタッチして出勤を打刻する際に、同時にセンサーで体温を測定する。新型コロナウイルスの影響で従業員の体調を記録する企業が増えるなか、体温の測定や記録にかかる手間をなくす。

セイコーソリューションズが発売する勤怠管理端末「ESTEN TE-C800T」

ICカードリーダー「ESTEN」のシリーズから発売する。鏡で顔の位置を合わせてセンサーに近づくと、自動で額の表面温度を画面に表示する。熱が高温の際は表示が赤くなり、管理者に通知して注意を促す。クラウドに対応しており、体温は従業員ごとに継続して記録できる。

同社の勤怠記録システムに接続して使用する。他社が開発した既存のシステムとの連携も検討している。壁に設置する代わりに別売りのスタンドを利用する方式も用意し、自由に運べるようにした。

新型コロナの影響で従業員に体温を記録させる企業が増えるなか、計測忘れを防ぎ、紙に記入する手間を減らせるとして売り込む。価格は定額制で、想定は月額1万6千円から。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン