/

この記事は会員限定です

首都圏自治体、医療機関の経営支援 補助金支給など

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、首都圏の自治体が医療機関の経営支援に乗り出している。通常どおり診療ができない医療機関が増えているほか、院内感染防止に向けた設備導入で出費がかさむ病院もある。自治体は減収分の補填や設備費への助成で医療機関の経営を下支えする。

東京都練馬区はコロナ患者の入院受け入れや専用外来の設置に伴い、通常の入院・外来を縮小した病院への経営支援を決めた。対象は区内の4病院で、4~...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り877文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン