小型SUVのエース格に トヨタ、180万円でヤリスクロス

2020/8/31 19:00
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車は手薄だった小型車事業のアクセルを踏む。31日、小型多目的スポーツ車(SUV)「ヤリスクロス」を発売した。ハイブリッド車(HV)の燃費性能や駐車支援機能など先進技術を盛り込み、価格を約180万円からに抑えた。部品や設計を共通化する手法で設計した小型車向け車台を採用したのが特徴で小型車が波に乗るか注目だ。

トヨタは小型SUV「ヤリスクロス」を発売した

トヨタは小型SUV「ヤリスクロス」を発売した

ヤリスクロスはHVの燃費性能が1リットル当たり約30キロメートルでハンドル操作なしで駐車できる先進機能を備える。ガソリン車は約179万円から、HVは約228万円からだ。

ヤリスクロスの設計や生産面の特徴は、部品や設計を共通化してコストを削減する開発手法「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」を採用したことだ。2月に発売したヤリスに初採用した小型車向けの車台を初めて転用し、共有することでコスト削減を狙った。

TNGA車台の採用で運転位置を低く設定したうえ、エンジンの位置も工夫し、低重心化を達成した。安定感のある走りにつながっているという。走行時の空気の流れを考慮し、同クラスの車種としては空気抵抗を最小限に抑え、燃費性能を高めた。

ヤリスクロスの開発を担当した末沢泰謙チーフエンジニアは「(TNGA採用で)固定費削減や開発期間の短縮につながっており、当然、販売価格にも反映されている」と話す。

トヨタの小型車ビジネスをめぐっては16年にダイハツ工業を完全子会社化している。18年にはヤリスの生産を豊田自動織機からトヨタ自動車東日本(TMEJ)に移管したうえ、19年にはスズキと相互資本出資を発表するなど、ニーズが拡大する一方で十分に需要を捉え切れていなかった小型車作りの体制を強化してきた。

同じく19年にはダイハツからOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受けた小型SUV「ライズ」を発売している。自動車販売会社の業界団体がまとめた国内上半期(1~6月)の車名別新車販売台数では、軽自動車を除いてライズが首位と人気だ。低価格志向の一方でデザイン性や走行性能を求める消費者にヤリスクロスを訴えることで、これらの競合車として存在感を示しそうだ。

ヤリスクロスとライズは同サイズのSUVだが、ヤリスクロスの都会的で洗練されたデザインに対して、ライズは角張ったデザインを特徴にする。価格はヤリスクロスがライズ(約167万円から)より高いものの、高速走行時に強い横風を検知して車線逸脱を抑制する独自技術やHVのラインアップが差別化要素になる。

トヨタ幹部はダイハツのクルマ作りについて「1円、1ミリにこだわる姿勢に学ぶことは多い」と話す。トヨタが自ら開発したヤリスクロスが、各社の主戦場となっている小型SUV市場で支持を得られれば、トヨタの小型車作りが一つ次の段階に進んだ証になりそうだ。(藤岡昂)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]