/

アステラス製薬、フィットネス連携で運動療法支援

アステラス製薬はフィットネスクラブと連携し、糖尿病患者らの運動療法を支援するサービスを9月1日に始める。同社の医学系研究の知見を生かし、患者が医師による指導のもと運動プログラムを継続的に実施できるようにした。スマートフォンのアプリを活用。まず神奈川県内で提供する。

サービス名は「Fit-eNce(フィットエンス)」。2型糖尿病患者のほかメタボリック症候群で高血糖を抱える患者を想定して開発した。

糖尿病患者らはかかりつけ医にサービスの紹介を受け、専用のアプリでサービスに登録する。医師からサービス利用の承認を得たうえで、専用のプログラムを提供するフィットネスクラブに申し込む。アステラス製薬の指導を受けたトレーナーが患者個人の年齢や筋力などに合わせて運動メニューを提案する。

患者が運動の内容をアプリに入力すると、医師も専用ウェブサイトで患者のフィットネスクラブの利用頻度や運動の履歴などを確認できる。2型糖尿病患者には運動療法が有用であるとされるが、運動の自己管理や継続が難しいという課題があった。アプリを通じて医師と運動内容を共有することで継続的な運動のアドバイスを受けられるようになる。

まず神奈川県内4カ所のフィットネスクラブから始め、今後拡大していく予定だ。週3回の運動を目安としており、30日間で12回の利用を上限とする。初回利用日から90日間はトレーナーの個人指導を合計3回まで受けられる。料金は30日ごとに税別2万5000円。91日目以降は同1万7500円で提供する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン