KDDIやJAL、ドローンで物流サービス実験

2020/8/31 17:19
保存
共有
印刷
その他

KDDIは31日、日本航空(JAL)やJR東日本などと組み、東京都でドローン(小型無人機)を使った物流サービスの実証実験を2021年度に始めると発表した。KDDIの通信網を使ってドローンを操作し、医薬品の配送や食事の宅配代行などを検討する。新型コロナウイルスの感染防止対策として新たな物流網の構築を目指す。

東京都が募集したプロジェクトに採択された。医薬品の配送では、都内の配送拠点からドローンを使って医療機関や薬局に運ぶ。駅周辺でマンションやオフィスビルに食事を宅配するフードデリバリーも実施する計画だ。できるだけ人の手を介さずに、迅速に医薬品を配送できる物流網を構築する。

今回のプロジェクトには、民間気象会社のウェザーニューズ、ドローン用ソフトを開発するテラドローン(東京・渋谷)も参画する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]