住友不動産、有明ガーデン核に湾岸施設とコラボ

2020/8/31 17:14
保存
共有
印刷
その他

住友不動産は東京都江東区の有明地区に今年開業した大型複合施設「有明ガーデン」を核に、湾岸地区の様々な施設と連携する事業「湾PACK(ワンパク)」を始める。第1弾として8月29日からホテルの宿泊と有明やお台場の人気施設の利用クーポンを組み合わせたプランの販売を始めた。

第1弾の事業名は「湾泊」で、有明か汐留の同社グループのホテルの宿泊プランから選べる。1泊(平日は1万500円)当たり4枚のクーポンが付き、枚数に応じてお台場の屋内遊園地「東京ジョイポリス」や有明のミニチュアテーマパーク「スモールワールズ」など計10施設で利用できる。

湾岸地域の魅力発信のため、同社は今後も共同事業を手掛ける予定。新型コロナウイルスで遠方への旅行自粛ムードが広がるなか、首都圏の人を呼び込む狙いもある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]