中部空港、9月は国際線が3路線復便 国内線は大幅減

2020/8/31 19:30
保存
共有
印刷
その他

中部国際空港(愛知県常滑市)は31日、9月の国際線の旅客便が4路線に増えると発表した。大韓航空ソウル線、中華航空台北線、セブ・パシフィック航空マニラ線の3路線が復便する。8月まではフィリピン航空マニラ線のみだった。大韓航空と中華航空は月1~2便、マニラ線の2社は週1~2便と、便数は限定的にとどまる。

国内線は9月1日時点で1日あたり47便と、4カ月ぶりに減るとも明らかにした。前年同月に比べほぼ半減、2020年8月比で3割減となる。新型コロナウイルスの新規感染者数の増加やお盆時期の需要の反動減が響く。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]