/

河西工業、早期退職300人を募集 株主優待も廃止

自動車の内装大手、河西工業は8月31日までに300人の早期退職者を募集すると発表した。国内で勤務する40歳以上の正社員と契約社員を対象に、2000人の従業員のうち15%を減員する。また株主優待制度の廃止も明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大で顧客の自動車メーカーからの部品受注が激減し、工場の稼働率も下がって業績が悪化している。

早期退職の募集は9月7~18日の間で、退職日は10月31日を想定している。応募した人に対しては退職金の加算や再就職の支援サービスを提供する方針だ。

また株主優待制度は、毎年3月末時点で100株以上をもつ株主に株式数や保有の期間に応じてクオカードを配布していたが、2020年3月末時点の優待で終える。

河西工業は21年3月期の連結業績について売上高が前期比26%減の1510億円、最終損益が118億円の2期連続での赤字となると見込んでいる。

新型コロナで主要顧客の日産自動車ホンダの工場が一時止まり、新車販売も低調が続く。部品の受注が激減しており、収益の悪化が著しい。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン