/

山梨県山梨市、医療機関に支援金 最高額は1000万円

山梨県山梨市は新型コロナウイルスの影響で外来患者が減り、経営が厳しくなっている市内の医療機関を対象に、独自の支援金を交付する方針を決めた。開会中の定例市議会に関連予算1910万円を盛り込んだ補正予算案を提出した。

山梨市は支援金を交付し、医療機関を支援する(山梨市役所)

支援金の対象は市内の4病院と19の診療所、15の歯科診療所。市健康増進課によると、職員数に応じて分配するほか、PCR検査の実施件数などを基準に加算額を算定して支給する。感染症指定医療機関でPCR検査の実施件数が多い山梨厚生病院の1000万円が最高額という。

山梨市がまとめた補正予算案は、支援金のほか、教育現場でICT(情報通信技術)を活用するため市内の児童・生徒に1人1台の端末を配備する事業や、国の特別定額給付金の対象から外れる2021年4月1日までに誕生した新生児に10万円を給付する事業など、一般会計で総額11億円を盛り込んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン