/

東京都の新型コロナクラスター追跡、ドコモも参画

NTTドコモは31日、新型コロナウイルスのクラスターを追跡する東京都の事業に参画すると発表した。同社のスマホ決済サービス「d払い」を利用した店舗などで新型コロナウイルスのクラスターが発生した際、訪問者に感染情報が通知される。9月1日以降、サービスを開始する。

ドコモが参画するのは東京都の「新型コロナ見守りサービス」。都内の加盟店舗でクラスターが発生した際に、店舗を訪れた利用者に感染情報が通知される仕組み。利用者が事前にサービスの利用に同意している場合に限られる。

同事業にはドコモの他に「au PAY」のKDDIやPayPay(東京・千代田)など5社が参画している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン