/

YMO高橋さんが脳腫瘍 患部摘出手術で入院

「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」のドラマー、高橋幸宏さん(68)が脳腫瘍の手術を受けたと所属レコード会社が31日、発表した。後遺症はなく、入院加療中という。

高橋幸宏さん=共同

同社によると、高橋さんは初夏から頭痛が続き、磁気共鳴画像装置(MRI)検査の結果、脳腫瘍の疑いと診断され、13日に患部摘出手術を受けた。

高橋さんは「今後は体力気力をつけて、じっくりしっかりと治療に専念し、できるだけ早い時期に皆さんの前に立てるよう努めたい」とコメントした。

高橋さんは1978年に細野晴臣さん、坂本龍一さんとYMOを結成し、テクノブームを巻き起こした。ソロ活動にも力を入れている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン