/

7月の小売販売額2.8%減 感染再拡大で回復足踏み

小売業販売額は新型コロナウイルス感染拡大の影響で5カ月連続で前年を下回った

経済産業省が31日発表した7月の商業動態統計速報によると、小売業販売額は前年同月比2.8%減の12兆4360億円となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で5カ月連続で前年を下回った。4月の13.9%減を底に、6月には1.3%減まで持ち直していたが、再び減少幅が大きくなった。百貨店やコンビニエンスストアの減少率が6月より拡大した。

経産省は小売販売の基調判断を「緩やかに持ち直しているものの、一部に弱さがみられる」とし、6月の「持ち直している」から下方修正した。

業態別では、百貨店が19.8%減、コンビニが7.9%減と大きく減った。6月は百貨店が18.5%、コンビニが5.1%の減少だった。百貨店は例年7月上旬にセールを開催する店が多いが、今年はコロナ対策として6月から分散的に開いた店が増えた。その結果、7月の販売が例年より盛り上がらなかった影響があるという。

家電大型専門店は12.4%増と、3カ月連続で増加した。

品目別では、織物・衣服・身の回り品が18.9%減った。比較可能な1980年以降で、7月としては過去最大の減少幅だった。自動車は15.3%の減少だが、6月より減少幅が縮小している。

7月に入り新型コロナの感染が再び拡大したことや、キャッシュレス決済のポイント還元が6月末に終わったことが響き、消費の回復は足踏みしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン