バンクシー、難民救助へ船購入 「EU当局は要請無視」

2020/8/30 18:33
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】素性不明の芸術家バンクシーは29日、政情が不安定な中東や北アフリカから欧州を目指すボート難民を地中海で救助する民間の活動を支援するため船を購入したと、写真共有アプリ「インスタグラム」の動画で明らかにした。

全長約30メートルの船は既に活動中。船の公式ツイッターによると、200人以上の難民を助けたが、船が過密状態となり立ち往生したため救助要請を発出した。イタリアの沿岸警備隊が難民の一部や渡航途中で死亡した難民の遺体を収容したほか、他の救助船も駆け付けた。

バンクシーの動画は「欧州連合(EU)当局が『非欧州人』の救助要請を故意に無視している」と批判し、米国での差別解消運動のスローガンを念頭に「全ての黒人の命が大事だ」と訴えている。

バンクシーは欧州難民危機に関心が高いとされる。フランス海軍の船を救助船に再生したと動画で説明。船体にはハート形の救命用浮輪を持った少女が描かれている。代表作「少女と風船」がモチーフとみられる。

英紙ガーディアンによると、バンクシーは昨年9月、非政府組織(NGO)の船を使って地中海で難民救助を続けてきた女性活動家に連絡を取り、難民をテーマに仕事をして得た金を「新しい船の購入に使ってもらえないか」と申し出た。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]