TV電話であうんの合意 日本ペイント田中社長の決断
辣腕バンカー、世界に挑む

2020/8/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「そろそろやりませんか」。5月中旬、日本ペイントホールディングス(HD)会長兼社長の田中正明(67)がテレビ電話で切り出すと、画面の先からの返答はすぐだった。「ぜひやりましょう」。相手はシンガポールの塗料大手、ウットラムグループ代表のゴー・ハップジン(67)だ。

3カ月後の8月21日、日本ペイントは筆頭株主のウットラムから追加出資を受けて子会社になることを決めた。同時に、増資などで得た総額1.3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]