/

この記事は会員限定です

菅氏擁立論強まる 自民、後継首相選び

[有料会員限定]

安倍晋三首相の辞任に伴う自民党総裁選で30日、菅義偉官房長官の擁立論が党内で強まった。最重要課題となる新型コロナウイルス対策に継続的に取り組むには、陣頭指揮にあたってきた菅氏が望ましいとの意見が背景にある。

菅氏は29日、二階俊博幹事長と総裁選の対応を巡り協議した。党内では菅氏が総裁選への出馬を視野に入れているとの見方がある。30日には「コロナ対策や経済対策をしっかりやりたい」と周囲に語った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン