/

石破氏、出馬判断は党員投票の実施見極め 9月1日以降

自民党の石破茂元幹事長は30日、総裁選への自らの出馬について党員・党友投票が実施されるかを見極めてから判断する考えを示した。党総務会で総裁選の方式を決める9月1日以降になるとの見通しを語った。滋賀県大津市で講演した後、記者団に述べた。

総裁の選び方が党員票の反映が少ない両院議員総会の方式になった場合は出馬しないかと聞かれ「可能性の問題について今は言及しない」と述べるにとどめた。

出馬論が浮上している菅義偉官房長官については「政権の大黒柱であり、一緒に政権を奪還した信頼する人だ」と語った。

これに先立つ滋賀県連大会での講演では、党員・党友による地方票と国会議員票を合わせた方式で行うべきだと主張した。「立候補する人たちが意見を戦わせて党員が判断する。それが党員の権利だ」と強調した。

「国会議員のための自民党ではない」と訴えると会場から拍手が起こった。

自民党の総裁選は通常、党員・党友による地方票と国会議員票の合計数で選ばれる。総裁が任期中に辞任するなど緊急時は両院総会で決めることができる。

両院総会の場合は国会議員票は通常と同じ1人1票だが地方票は各都道府県に3票ずつしか割り当てられない。両院総会方式になると国会議員票の多数派工作で石破氏に不利だとの見方がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン