/

この記事は会員限定です

株式資金調達、海外7割 国内は利便性低く

日本企業1~8月

[有料会員限定]

日本企業が海外投資家から株式による資金調達を増やしている。2020年1~8月の調達額に占める海外比率は約7割と前年同期の3割から急上昇し、10年以降で最高となった。ルールが柔軟で、利便性の高い海外で調達する動きが新型コロナウイルスで加速した。リスクマネーの厚みでも見劣りする日本の課題が浮き彫りになった。

調査会社ディールロジックによると、1~8月の海外投資家からの資金調達額(公募増資や売り出しなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン