米中韓、対日外交見定め トランプ氏「とても残念」

菅内閣発足
習政権
2020/8/29 18:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相の28日の退陣表明を受け、米中韓は対日外交のあり方を見定めようとしている。米国はポスト安倍に日米同盟の強化を期待する。中国は延期になった習近平(シー・ジンピン)国家主席の訪日再調整を探る。韓国は国交正常化以来で最悪といわれる日韓関係の局面変化に期待する声がある。

■米国、中国包囲網への協力期待

トランプ米大統領は28日「(首相が)辞めるのはとてもつらいことだろうし、とても残念だ」と語…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]