/

石垣氏、配慮足りず反省 「大事な時に体壊す」

立憲民主党の石垣のり子参院議員は29日までに、潰瘍性大腸炎を理由に辞任を表明した安倍晋三首相を「大事な時に体を壊す癖がある」とした自身のツイートについて「疾病やそのリスクを抱え仕事をする人々に対する配慮が足りなかったと反省しおわびします」とツイッターで謝罪した。

石垣氏は28日、首相に関し「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」などと投稿し、批判が殺到。福山哲郎幹事長から注意を受けていた。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン