/

コロナ危機「さらに厳しく」 独メルケル首相が警告

【ベルリン=石川潤】ドイツのメルケル首相は28日に記者会見を開き、新型コロナウイルスの流行について「今後数カ月で夏よりもさらに厳しい状況になる」と警告した。屋内での活動の増加などが原因で「事態は深刻で、あなた方も引き続き深刻に受け止めなければならない」と呼びかけた。

ドイツのメルケル首相は安倍首相の退陣を惜しんだ=ロイター

ドイツでは夏のバカンスやパーティーの影響で、一時は数百人規模に抑え込んでいた1日の感染者数が再び1千~2千人程度に増えている。ワクチンや治療薬の開発が平常化のカギになるが、メルケル首相は「我々はより長くこのウイルスと共存しなければならない」と楽観論を戒めた。

メルケル首相は「子供を新型コロナの敗者にしてはいけない」とも訴えた。安全を確保しつつ、学校の授業を進められるようにあらゆる手段を尽くしていくという。メルケル政権は25日に企業支援策の延長などを決めており、雇用や経済活動の維持にも万全を期す。

ドイツが生活や経済活動の維持に多額の資金を投じられるのは、これまで健全財政を続けてきたことが大きい。コロナ危機前に海外からの財政拡大要求をことごとくはねのけてきたメルケル首相は「我々の倹約がいま報われている」と述べた。

メルケル首相は安倍晋三首相の退陣表明について「残念だ」と語った。安倍首相が「常に多国間主義のために力を尽くしてきた」と強調し、自国第一主義が広がる世界で共通の価値観を持つリーダーの退出を惜しんだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン