/

この記事は会員限定です

中国、やまぬ軍備増強 「軍民融合」米国流の後追い

Military Technology(4)

[有料会員限定]

中国人民解放軍が26日、中国本土から南シナ海に向けて中距離弾道ミサイル4発を発射した。同海域は米海軍が今年7月以降、空母打撃群や戦略爆撃機B52などを動員して実戦度の高い演習を繰り返していた。

ここは中国軍の虎の子ともいえる潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の「隠し場所」でもある。米本土は直撃できないがハワイやグアム、在日米軍基地に届く。自らの力をそごうとする米軍の動きは耐えがたい。ミ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン