会津若松が起点 日本型スマートシティ、世界に名乗り

2020/8/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

デジタル技術で都市機能や暮らしを向上させるスマートシティを巡り、日本の地方都市が新たな価値観を提示した。先行する米中では個人情報の強制的な収集に対する住民の不信感が、事業拡大の壁となる。出遅れた日本は個人情報の提供を任意とする逆張り戦略で巻き返す。データは未来都市にとって様々な機能を働かせるのに必須な「血液」と言える。データの扱い方で新たな世界基準を育てられるか。

日本を代表するスマートシティが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]