新幹線札幌延伸まで10年 並行在来線に3つのポイント

2020/8/28 19:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2030年度の北海道新幹線札幌延伸で、JR北海道の経営から分離する並行在来線の議論が熱を帯び始めた。北海道は旅客鉄道を引き続き運行する場合の地元負担を年度内に算出。延伸後も在来線を住民の足として続けるか否かの検討が21年度以降に本格化する。今後の注目点は3つだ。

焦点の1つは地元の負担規模だ。札幌延伸でJR北海道の手を離れるのは函館本線にあたる長万部―小樽(140.2キロ)と函館―長万部(147…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]