東芝、生活習慣病リスクを6年先まで予測

2020/8/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝は病気の予防に役立つ人工知能(AI)の開発を加速する。子会社の東芝デジタルソリューションズ(TDSL)と共同で、糖尿病など生活習慣病の発症リスクを6年先まで予測できるAIのサービス提供を始めた。心臓病の発病リスクを予測するAIの開発も進めており、2022年までの実用化を目指す。消費者の健康志向の需要を取り込む。

■20万人のデータを学習

東芝とTDSLは7月中旬から、健康診断の結果から糖尿病や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]