/

この記事は会員限定です

ウォルマート参戦で激化 TikTok米事業 争奪戦

(更新) [有料会員限定]

【上海=松田直樹、シリコンバレー=佐藤浩実】売却が検討されている動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業を巡り争奪戦が激しくなっている。米小売り最大手ウォルマートは米マイクロソフトと組み、買収交渉に乗り出すと表明した。米オラクルなども買い手として浮上しており、米国で1億人の利用者を抱える人気アプリの買収交渉は大詰めを迎えている。

「ティックトックの持つ機能を追加すれば、ネット通販...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1372文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン