上川大雪が函館・北見に新酒造、空港や大学とタッグ

2020/8/28 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

上川大雪酒造(北海道上川町)は函館市と北見市周辺に相次いで日本酒の醸造所(酒蔵)を建設する。大学や高専にくわえて民営化で道内7空港の経営を引き継いだ北海道エアポート(HAP、千歳市)に出資する三菱地所とも協力し、地酒を扇の要に据えた地域おこしに本腰を入れる。

2017年に参入した同社の経営する酒蔵は上川町の「緑丘蔵」、帯広市の「碧雲蔵」に次いで21年には4カ所に増え、蔵数では北海道の日本酒製造で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]