/

この記事は会員限定です

上川大雪が函館・北見に新酒造、空港や大学とタッグ

[有料会員限定]

上川大雪酒造(北海道上川町)は函館市と北見市周辺に相次いで日本酒の醸造所(酒蔵)を建設する。大学や高専にくわえて民営化で道内7空港の経営を引き継いだ北海道エアポート(HAP、千歳市)に出資する三菱地所とも協力し、地酒を扇の要に据えた地域おこしに本腰を入れる。

2017年に参入した同社の経営する酒蔵は上川町の「緑丘蔵」、帯広市の「碧雲蔵」に次いで21年には4カ所に増え、蔵数では北海道の日本酒製造で最多となる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン